忍者ブログ
[186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。

 今日は、「山猪」を開栓しました。

 これは、宮崎県小林市にある「すき酒造」で作られています。熊本県との県境の山間部にあるそうです。去年買っておいしかったので、今年も買いました。

    

 肩ラベルには「超豪傑芋焼酎」と書かれています。

 黄金千貫とジョイホワイトで仕込んだ原酒をブレンドして無濾過のまま瓶詰した昔ながらの臭い芋焼酎だそうです。

    

    

 アルコールは25度です。

    

     

 九州山脈が連なる須木の猪は険しく奥深い山々を駆け巡るために群を抜く勇猛さと体躯を持つので「山猪」と呼ばれています。この酒は、まるで山猪が猪突猛進してくるかのように、芋の香りが濃く味が力強い豪傑な焼酎なので、この名前がついたそうです。

 「興味本位で購入される方はご遠慮下さい。」との注意書きが面白いですね。

 まずは「生」で飲みました。

    

 香りはちょっと辛めの芋の濃い香りがします。飲んでみると、焼き芋の皮の部分の苦辛い味がします。飲みごたえがあって、旨いです。

 次は、「お湯割り」で飲みました。

    

 5:5で割りました。

 生よりも香りがよくたっていい感じです。飲んでみると、5:5で割ったにも関わらずかなり濃い味わいです。パンチがあって旨いです。最近、こんなの他にはなかなかないですよ。

 肴は、「ラフテー」です。甘味と脂っこさを酒が流してくれて、いい組み合わせです。
ガネセンガンとジョイホワイトで仕込んだ原酒を ブレンドパンチがあっし、無濾過のまま瓶詰した昔ながらのいわゆる“臭い芋焼酎”です。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちわ

山猪は、私も1回飲みました。

「興味本位で購入される方はご遠慮下さい。」って書いてあるのをみて、「芋くささ」を期待して購入したのを覚えています。



ブランデーのような香りは、おそらく樽で長期貯蔵してるからでしょうか・・・。
山ちゃん URL 2014/07/02(Wed)12:26:53 編集
カウンター
プロフィール
HN:
としちゃん
性別:
男性
自己紹介:
三岳ではまった芋焼酎を中心に、お酒、お店、日々あったことを書いてみます。おすすめの焼酎があれば教えて下さい。癖のあるのが好みです。よろしくお願いします。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[08/04 山ちゃん]
[06/28 山ちゃん]
[03/11 山ちゃん]
[03/11 山ちゃん]
[02/04 山ちゃん]
ブログ内検索
最新トラックバック
フリーエリア
バーコード
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]