忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。

今日は、「中島屋 純米吟醸 なま酒」を飲みました。

     

 これは山口県周南市にある「中島屋酒造」で作られています。友人にいただきました(喜)。

    

     

 香りに派手さはありませんがいい感じです。飲んでみると開栓したては酸味が強く、ちょっとプチプチ感があり爽やかな感じです。その後にいい甘味がします。しばらくすると、酸味がまろやかになりました。いい甘味は健在です。飲み込んだ後は、米の甘味の余韻が残って旨いです。

     

 肴は「穴子の焼いたん」です。皮の焦げ目が香ばしくて酒によくあって旨いです!

拍手[1回]

PR
こんにちは。

 先日、「炎の池」というお店に行ってきました。なかなかインパクトのある名前でしょ。

    

 場所は、京都の山科駅から南の方に5分ほど歩いたところにあります。

    

 店の中はこんな感じです。テーブルの表面がタイルです。なかなか年季が入った感じですが、綺麗にしてあります。

 長年続けられているようなお店です。年配の(たぶん)ご夫婦と息子さん(?)でされています。

    

           「ミックスシチュー」1520円

 ビーフとタンが2切れずつ入ってます。他に人参、玉ねぎ、じゃがいもが入ってます。ビーフは赤身であっさりと、タンはとろっとしていました。デミグラスソースがめちゃおいしいです。

    

           「コールローラーデン」840円

 これは細めのロールキャベツがホワイトソースとあわせてあります。他にきのこ類も入っていました。このソースもコクがあっておいしいです。

    

            「シーフードサラダ」790円

 エビ、サーモン、アサリが入っています。野菜よりもタンパク質の割合が多かったです。もうちょっと野菜を食べたかった(笑)。

    

    

 メニューはこんな感じです。いろいろ食べたいのですが、いつも「ミックスシチュー」中心になってしまいます。また行きたい。

拍手[0回]

こんにちは。

 
 先日神戸に行ったときに、「カリーブルスト」に行ってきました。

    

 日本初のドイツカリーブルスト専門店だそうです。ちらしには、「ドイツ式でもドイツ風でもない、本場ドイツで製造・直輸入」と書いてあります。「ブルスト」とはソーセージのことのようです。

 場所は大丸神戸店のチョイ北です。

    

    

 店の一階部分です。受付カウンターと調理スペースのみです。店の外に椅子が五脚ほどあります。

    

 二階です。カウンターのみで、7~8人ほど座れます。

 ところでオーダーしたのはビールセット(1080円)です。170円追加してビールをグラス→ジョッキにしました。

    

 樽生ビール(エーデルピルス)。他にはエビスの白、黒、ハーフ&ハーフもあり、それらも選べるようです。

    

 白カレーとポンフリ。

 ソーセージは「白」と「赤」の2種類で、「カレーソース」、「トマトソース」、「スパイス」のうちひとつと組み合わせます。あと、パンにはさんで食べることもできるようです。

 ソーセージは直径2cmほどあり、柔らかいです。シャウエッセンのように「パキッ」とした食感はありません。カレーソースは甘辛くて粘り気を充分つけてあります。食べた後にピリピリするようなこともありません。食べやすくて旨いです。

 ポンフリはフライドポテトです。1cm角に切ってあり、太くてホクホクしてて旨いです。上にかかっているのはマヨネーズですが、酸味が抑えてありこれまた食べやすいです。カレーソースにつけても旨かったですよ。

    

 二階から外を見た様子。買い物の休憩にいかがでしょうか(笑)。

拍手[0回]

こんにちは。

 今日は広畑にある「六番」にランチに行ってきました。

    

 場所は、広畑の図書館の西側にあります。

    

          ちゃんぽんめん(650円)

 具は豚肉、エビ、イカ、キャベツ、もやしなどで、とろみがしっかり効かせてあります。なかなか冷めずに、寒い時期には特にいいですよ。

    

 見た目ではわかりませんが、麺はかなりもっちりした食感で、なかなかいい感じです。普通のラーメンの麺もこれと一緒でした。もちろん旨かったです。

    

             餃子(300円)

少し小ぶりですが、食べやすくおいしかったです。夜なら絶対ビールでしたね。

    

           酢豚定食(850円)

 酢豚の豚肉はカリッと揚げてあり、玉ねぎとの食感とあわせておいしかったです。

    

 メニューはこんな感じです。リーズナブルで行きやすいいいお店でした。次回は夜に行きます(笑)。

拍手[0回]

こんにちは。

 先日、広島で飲み会があったのですが、1次会まで時間があったので友人と2人で「重富酒店」に行ってきました(実はここに来るために早く来たのですが)。

    

 場所は広島市中区銀山町(かなやまちょう)にあります。路面電車の「銀山町」を降りて南へ徒歩約2分です。

 営業時間は、17:00~19:00です。たったの2時間です。

 16:50頃に着きましたが、店内に招かれました。立ち飲みで10人でいっぱいになります。私たちが入ると8人になりました。

    

 メニューです。注ぎ方で4種類、そのうち一つ(弐度注ぎ)は泡の違いで2種類あるようです。全部で5種類です。全て同じビールから2つのサーバーを使って注ぎ方で違いを出すようです。

 つまみ類はありません。純粋にビールを味わうというコンセプトのようです。1人2杯までだそうです。足りるかなあ(笑)。

 まずは「壱度注ぎ」から。これはいっきに注ぎ、あふれた泡を木のヘラでスッと切り、氷水に一瞬ひたしてグラスの周りの泡とビールを洗ってから出てきます。

    

 マスターから飲み方のレクチャーがあります。風呂上りに牛乳を飲むときのように、左手を腰に当てグラスの下の方を持ち胸を張ってグイッと飲むそうです。

 やってみると、ビールの炭酸がのどにシュワシュワきて1杯目にもってこいです。旨いです。

    

 マスターが注いでいるところです。2つのサーバーと注ぎ方を駆使されて5種類のビールが出来上がっていきます。

 ところで下の台、なんだか懐かしくありませんか。実は、

    

 昔の冷蔵庫なんですね。上の扉の中に氷を入れて、下の扉の中に食材などを入れるものです。子供のころに役目を終えた家庭用のものを見た記憶があります。

    

 上の扉を開けたところです。氷屋さんで売っているでかい氷が入っています。その下にある黄色いものはチューブ(約10m)で、ビアダルからその中を通って冷やされてからサーバーへと行くそうです。

    

 これは、「参度注ぎ」です。1回目は思いっきり勢いよく注いで、泡が2/3ほどになります。しばらく落ち着かせてから2回目です。またしばらく待ってから3回目は泡を持ち上げるような感じで注がれていました。約5分かかりました。泡の部分はクリーミーでいい食感でした。味わいはマイルドになっていました。

 1人2杯までだったので、友人と2人で4種類をシェアして楽しみました。

 「弐度注ぎ(平成の泡)」は泡がもっちりしていて口に入れてもすぐには消えない感じでした。

 「重富注ぎ」のみ違うサーバーで作られているようです。泡もさることながらビールの味わい自体がいいです。4種類の最後の方で飲みましたが、しっかりした味わいがありました。

 友人と2人で「なんでサーバーと注ぎ方でこんなにちゃうの?」と話していると、ほかのお客さんも「ほんまやねー。」と言ってました。そんな感じで、見ず知らずの客同士がいつのまにか和気藹々と語り合っていました。これもマスターの醸し出すいい雰囲気とおいしいビールの賜物だと思います。

 20~30分ほどしてふと外を見ると、行列ができていました。

    

 寒い中待っておられるので、退散しました。この時期にこれだけ並ぶんだったら、ビールが合う真夏にはどんだけ並ぶんでしょうね。

 今回飲めなかった「弐度注ぎ(昭和の泡)」をぜひ飲みにきたいです(笑)。

拍手[0回]

カウンター
プロフィール
HN:
としちゃん
性別:
男性
自己紹介:
三岳ではまった芋焼酎を中心に、お酒、お店、日々あったことを書いてみます。おすすめの焼酎があれば教えて下さい。癖のあるのが好みです。よろしくお願いします。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[08/04 山ちゃん]
[06/28 山ちゃん]
[03/11 山ちゃん]
[03/11 山ちゃん]
[02/04 山ちゃん]
ブログ内検索
最新トラックバック
フリーエリア
バーコード
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]